ホテルエスノグラフィー東山三条

Navigation Button

ホテルエスノグラフィー東山三条

ホテルエスノグラフィー
東山三条について

東海道五十三次の最終地点に程近い立地にあることから、宿場町にある「旅籠」をテーマにしております。外周部に面した部屋は、出来る限り大開口の窓を設け、窓際に腰かけて京都の街を眺めているシーンも演出。中央の部屋は、はなれの様な位置づけとして、坪庭、中庭などを設け、小間と広間が隣接する風景を楽しんで頂けます。
 建物に使用している素材としては、木とコンクリート、布とタイルなどの様に、軟と硬、伝統とモダンを融合した表現としています。そこに造園・アートなどのクリエーターの感性が加わり、多様な解釈が可能な空間造りも心がけております。
 全世界のゲストに向けて、「新しい京都」を体感していただき、四季折々の風景をご堪能ください。